クラシックの名曲を質の高い演奏で、初めて演奏会にいらっしゃる方にも、より親しみやすく楽しんでいただけるコンサートを企画しようと、NHK交響楽団の現役メンバーとピアニストの6人で1987年に結成された。当初はストリングカルテットを中心に活動を続けてきたが、メンバーである横山俊朗による編曲で、弦楽5部+ピアノという変則的な編成のアンサンブルを確立させた。そのジャンルはクラシックはもちろん、映画音楽・民謡にまで及び、アンサンブルクラルテのオリジナルサウンドとして聴衆を魅了している。年十数回に及ぶ演奏会の場は都内のホールはもとより、6人編成という機動力を生かし、全国の市・町立文化ホールまで広がっている。住友生命チャリティーコンサートに4回の出演、好評を博す。
親しみやすいプログラムに、ヴァイオリンの横山俊朗による軽妙なトークで進行するコンサートは、6人編成の曲を中心に、各々の楽器の独奏・デュオ・ピアノトリオ・ストリングトリオ・ピアノカルテット・ストリングカルテット・ピアノクインテット、時には管打楽器奏者や邦楽の方々とのジョイントを含め、多様なニーズに応える演奏会を行っている。また、これらの特長を生かし、小中学生の音楽鑑賞教室も度々行っている。
2006年3月にはNHK-FM「FM日曜クラシックスペシャル」に出演、好評を博す。

横山俊朗(ヴァイオリン)
東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学卒業。その後NHK交響楽団に入団。
付属高校在学中に、日本学生音楽コンクール東日本大会第3位入賞する。ヴァイオリンは、松本善三、田中千香士、両氏に師事。
現在、NHK交響楽団、第2ヴァイオリンのフォアシュピーラーを務める。東京音楽大学非常勤講師。同、付属高校非常勤講師
宮里親弘(ヴァイオリン)
1956年 東京生まれ。
東京芸術大学卒業。
1982年 NHK交響楽団に入団。
クラルテ弦楽四重奏団主宰。
井野邊大輔(ヴィオラ)
桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン科に入学。1987年、蓼科高原音楽祭賞受賞。1989年、洗足学園大学に編入しヴィオラに転向。翌年、同大学を卒業。読売新人演奏会等に出演。在学中より仙台フィルハーモニー管弦楽団契約首席奏者を務めた後、1991年、NHK交響楽団に入団。第68回日本音楽コンクール作曲部門での演奏に対し委員会特別賞受賞。
三戸正秀(チェロ)
1958年 青森県弘前市生まれ。
1983年 国立音楽大学卒業。
1985年NHK交響楽団入団。
チェロを小野崎純氏に師事。
新納益夫(コントラバス)
1948年 東京生まれ。
1971年 東京芸術大学卒業。
(故・今村清一氏、江口朝彦氏に師事)読売日本交響楽団に入団。
1973年 ジュネーブ国際コンクールに入賞し、スイスのバーゼル交響楽団に主席として入団。
1977年 NHK交響楽団に入団。現在に至る。
鈴木永子(ピアノ)
東京芸術大学卒業。
1985年 日本モーツァルト音楽コンクール ピアノ伴奏部門入賞。堀江孝子、V.セルヴァンスキー氏らに師事。
ソロ活動の他声楽、合唱、室内楽、オーケストラなどで幅広く活動。
東京成徳短期大学講師
NHK交響楽団メンバーによる室内楽グループ